今日の敗戦

なんでも広く浅く手を出しすぎていつも負けてる主婦日記

【ミニチュア小物】電子小物を作るよ

小物作成は楽しすぎて止まりませんね

☟そんな前回記事

302302.hatenablog.com

 今回はテレビを作るよ

テレビって買うしかないのかと思ったんですが結構自作されてる方も多いのでチャレンジしました。

ちなみにアニメでは

f:id:villain315:20190904185403j:plain

置き型テレビでしたが置くスペースがなかったので壁掛けテレビにしました

 

材料は

  • 厚いプラ板(テレビ本体用)
  • 薄い透明プラ板(テレビ画面用)
  • 接着剤(タミヤセメントを使用)
  • 塗料
  • テレビの画面用画像の紙

です!

 

まずプラ板を任意の大きさにカットします。

今回私はおうちの大きさで考えて37インチテレビの1/12にしました。

f:id:villain315:20190904183252j:plain

3mmくらいの板カットするの大変だった。。。

プラ板カットするカッターが身近に売ってなかったのでデザインカッターで切ったら汚さが半端ないです。

プラ板土台底上げ用の細い板テレビ枠の三つに分けてカットします。

f:id:villain315:20190904183754j:plain

土台底上げ板を貼りつけます。

周囲全部につけないのはそこからテレビ画面用の紙を挟める為です。

f:id:villain315:20190904184628j:plain

乾いたらテレビ枠をつけます。

テレビ枠も乾いたら周囲をやすりできれいに整えます。

とくに角は丸くするとテレビっぽくなります。

f:id:villain315:20190904184752j:plain

テレビの表面と脇周囲を塗装。

私の雑さが垣間見える写真。

メーカー名とか書くとそれっぽく見えます。

f:id:villain315:20190904184913j:plain

テレビ画面用紙とテレビ表面用プラ板を入れてみる。

プラ板入れなくても画像の紙にラミネートフィルム貼ってもいいと思います。

f:id:villain315:20190904185031j:plain

表面ツヤツヤ。

これで完成!

f:id:villain315:20190904185102j:plain

英二「バナナフィッシュはじまったね」

 

テレビ思った以上に小さかった。。。。48インチでもよかったかもですね。。。

おまけ

f:id:villain315:20190904185637j:plain

スマホ画像を印刷してラミネートを貼るよ!

      

上のテレビ同様大きさに合わせて切ったプラ板にそれを貼りつけて周囲を塗装するよ!

      

f:id:villain315:20190904185812j:plain

「そう、iPh●neならね」

 

敗因:雑さは気にするべからず

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

 

 

【ミニチュア小物】飾り棚とテーブルを作成

先日格安でシルバニア小物をゲットしました!

f:id:villain315:20190902181506j:plain

わ~~~~~~~い嬉しい~~~~~~~~

昔は私もシルバニアオーナーだったんですが手放してしまったので泣く泣く買い戻してます。

今回は作りかけだった家具を作ります。

棚を作ろう

☟今までのおさらい

f:id:villain315:20190902182031j:plain

ここまで作成したので足りない家具を作っていきます。

f:id:villain315:20190902182140j:plain

「私、キッチンの作業台です。こっちはノラネコのふたり」

f:id:villain315:20190902182426j:plain

英二「作業台ができたよ~」

大理石は100均のマスキングテープを使用してます。多分キャンドゥ製。

f:id:villain315:20190902182600j:plain

英二「これで料理ができるね!」

英二「でも棚がほしいなぁ」

f:id:villain315:20190902182403j:plain

英二「棚が出来てる!」

f:id:villain315:20190902182926j:plain

ノラネコ「(カウンターに飾り棚も作った)ニャー」

f:id:villain315:20190902183055j:plain

英二「ぼくたちのキッチンが完成したね」

 

英二「つぎはテレビがほしいなぁ。。」

 

ということで次回はダイニング側です。

 

敗因:アッシュはオビツにしたままなので裸のため欠席です

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

【ねんどろいど】ド初心者がオビツボディにカスタマイズしてみる

前回開封の儀をしたねんどろばなな🍌

f:id:villain315:20190902175135j:plain

お試しで仙台のGストアからオビツボディを買ってきたので早速カスタムしてみようと思います!

初心者がオビツしてみる

 参考にしたのはこちらのサイト様

tofu56.info

もうめちゃくちゃ詳しく記載されてるので何も言う事が無い。

いろいろお世話になってます・・・!

ということで予習しておいたのでオビ球も購入しました。

f:id:villain315:20190902175708j:plain

今回は先に届いていたアッシュ用に事前に購入していたのでボディカラーは

ホワイティに。

早速サイトに従って分解していきます。

f:id:villain315:20190902175929j:plain

手がついてるとは思わなくてちょっと得した気分。

 ちなみに足裏にマグネット有タイプを購入しました。

あって不自由はないやろ・・・という判断。安易。

☟結果

f:id:villain315:20190902180602j:plain

無事ボディのすげ替え完了しました~~~~~

簡単と言えば簡単でしたが、オビ球ってそう使うのね。。てことと元々のねんどろ首ジョイントを外すのがやっかいでした。

 

ん?服?まだ作ってません(ノラネコが貞操は守ってくれた)

成功したのでナチュラルカラーのボディも購入しました!

早く届くといいな~~

 

敗因:靴だけはある(変質者のそれ)(洋服も買っておけ)

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

【ねんどろ】英二届いてるよ!!

8月、もう終わるってよ

前回の記事にちゃっかり登場、英二氏。

f:id:villain315:20190830184741j:plain

英二いつの間にか届いてました

f:id:villain315:20190830191101j:plain

お盆の大掃除(実家の)さなかに息をするように届いてました。

旦那「アニメイト

長男「アニメイト

次男「アニメイト・・・!?」

私「んっ!?えっ!??」

あああああああかわいいいいいいいいあああああああ

f:id:villain315:20190830191740j:plain

尊い

f:id:villain315:20190830191806j:plain

令和になったこの時代に二人にまたまみえようとは

f:id:villain315:20190830191847j:plain

尊い

 

敗因:頭の互換性てないのかな 英二の頭を原作風にしてみたい

【ミニチュア小物】人気の透明トレカを活用して透明なポスターを作る

f:id:villain315:20190830182207j:plain

前回の記事であった写真の中央にあるアッシュのポスターや

窓にはめこんでいるNYの風景は実は透明(もしくは半透明)です。

今回はこのポスターのお話。

ポスターや景色を半透明にして光を取り込む

 ちょっとうまい風に言ってますがただ単に「そうしたら可愛くない?」という思い付きです。

これらはちょっと前にネットで流行った透明トレカの作り方を活用して作っています。

 

まず用意するのは任意の大きさのセルフラミネートフィルムです。

f:id:villain315:20190830183133j:plain

 こちらはseria製。

どこの100均にもあります。

それとコピー機で印刷した作りたい画像。

あと水をはった桶。

以上です。

 作り方は

①☝のラミネートの粘着部分に印刷した画像を貼りつけます。

粘着部分に絵をつけるようにしてください。

f:id:villain315:20190830183554j:plain

こんな風になります。

②しっかりと貼りつくように裏から擦り付けます。

定規やヘラなど硬いものでしっかり擦ってください。

③水桶にためらいなくこれを突っ込みます。

 ちょっとビビりますがためらいなくどうぞ。

水がまんべんなく行きわたったな、といったあたりでこの紙の白い部分を指の腹で擦ります。

そうするとこの紙が徐々に剥がれていくのでちょうどいい辺りまで擦って削っていきましょう。

④きれいに削るとこんな感じになります。

f:id:villain315:20190830184024j:plain

この時、色見が多い絵は大丈夫なのですが、白がメインカラーの絵の場合

全て削ってしまうか多少残すかで全く異なるものになります

右下のアッシュの絵は白い背景の絵でしたがまんべんなく削ってみました。

私はへったくそですが上手にやるとガラスに描いたような雰囲気になります。

⑤残してあった裏側になる粘着のない部分を貼り合わせて完成

f:id:villain315:20190830184329j:plain

こんな風に透明、もしくは半透明になります。

これらを各画像の大きさに切り取って枠をつけたらちょっと高見えするポスターになります!

f:id:villain315:20190830184741j:plain

壁の模様が透けてみえるのがちょっといいですね。

ちなみに冒頭でも言ったカーテンの奥の風景☟

f:id:villain315:20190830184831j:plain

NYの街並みですがこちらも

f:id:villain315:20190830184904j:plain

指が透けて見えますね!

後ろから光が当たれば綺麗に映ります。

うまく活用したらブルックリンスタイルで人気のサインペインティングもできそうです。

f:id:villain315:20190830190014j:plain

かわいいなぁ

今度作ってみよう。。。

 もしかしたらステンドグラスもどきも作れるかもですね!?(今気付いた)

 

敗因:ばなな関連絵は全て手書きしました(そっちの方が時間がかかった)

 

にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

【ミニチュア】カーテンを作成

ミニチュア作成して思ったのが

カーテンの作り方調べても出てこないなぁてことです。

前回の記事☟

302302.hatenablog.com

・・・はそういった経緯を経ての試行錯誤なのですが結末から言うと

f:id:villain315:20190829203518j:plain

使いませんでした。

ということで藻仕様カーテンの作り方まとめです。

カーテンを作ってみよう

 まず前回の作ったカーテン

f:id:villain315:20190829203758j:plain

ドレープは海外でよく見かける薄めたボンドで浸した布を細い棒で固定する方法を試してみました。

こちらのサイトなどを参考。

1inchminisbykris.blogspot.com

 バランスは絶対つけたいと思ったのですがバランスだけ作るのは難しそうと思ったのでカーテンボックスを先につけてみました・・・が

f:id:villain315:20190829204545j:plain

何かが違う(派手)

ということで心機一転☆生地も変えて一から作り直してみました。

f:id:villain315:20190829204710j:plain

あっなんだか前よりやわらかいイメージ・・・!

いい感じなのでこのまま作り進めていきます。

写真を撮るのを忘れてしまったのですがカーテン自体はドレープをアイロンで癖付け、上部をカーテンボックスにボンドで固定します。

そのままカーテンタッセルを作り固定したら次はバランスの作成です。

ちなみにこのバランスとは

カーテン上部の飾りのことでトップトリートメントとも呼びます。

 カーテンバランスについてこちらのサイト様が詳しく記載されています☟

interior-w.info

 いろんなバランスの作り方を見たのですがなかなかに難しいのでボックスを使ってみることにしました。

先ほどの写真の木枠部分(ボックス)に生地を貼り、余分に垂らした下部分を糸でしわを作っていきます。

余った両端の生地を裏側に留めて完成。

f:id:villain315:20190829204758j:plain

実際に壁を設置してみるとこうなります☟

f:id:villain315:20190829210620j:plain

う~~~~ん良いのでは!???

シワがめちゃくちゃ気になるところではありますがおおむね良好です。

 前のカーテンは華美にこだわり過ぎていて現代風高級アパートをイメージするようなものではなかった(今回も絶妙に違うけど)んですがカーテンだけが悪目立ちする感じではなくなりました。

 

これで大掛かりな道具を作るのは終了なので次回からは小道具作成していきます(´-ω-`)

 

敗因:カーテンて一番道具と時間がかかったのに結局手持ちで終わってしまった(あるある)

 

にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

【ミニチュア】レンガ壁を作る

前回までのあらすじじゃ☟

302302.hatenablog.com

302302.hatenablog.com

 上記事で「壁作り直したいなぁ。。」とのたまってましたが、居てもたっても居られなくなったので(一度こうと思ったらダメ)作り直すことにしました。

レンガの壁をちゃんと作ります

f:id:villain315:20190830181905j:plain

カラーボードを壁の大きさに切り取り、レンガを描いていきます。

インクの切れたボールペンなどを使うと楽です。

私はここから塗料で染めていくので普通にインクのあるボールペンでなぞっていきました。

f:id:villain315:20190829181244j:plain

 

窓枠を作るので切り取ります。

f:id:villain315:20190829181455j:plain

好きな色に染めていくぅー

目地材として塗料を流し込むのも良。

ちゃんとパテを流したりもしますが、私はわざと下の黒が見えるようにところどころのみにしました。

f:id:villain315:20190829181614j:plain

紙を貼っただけの壁との比較。

f:id:villain315:20190829181700j:plain

立体感がある・・・!

写真では見えづらいのですが所々白かったり色味を変えています。

古びたレンガにもしたかったのですが高級アパートメントということを忘れそうになるので適度に。

この作業、よくよくネットで見るたびに(めんどうそう・・・)と思っていたのですが

こんなミニチュア作成してる人がこの程度の作業を面倒と思うわけがなかったです。

めっっっちゃくちゃ楽しかった!

あれっ?もう終わっちゃうの?てくらいの体感です。

むしろ紙を貼るほうが面倒だった・・・・何事も体験なのだ。

 

敗因:これ←書くの忘れてたこと。

 

にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村